読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まともな文章が書きたい!

まともな文章が書けるようになるまで続ける。

試験終わりの緩んだ頭で

バカだと思われる文章術 内容が無いよう

こんにちは、こんばんは。おはようございます。

寒い日が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?

まあ、こんなブログを見ているくらいだからある程度元気ですよね。ははは。いや、元気で何よりです。

 

1週間くらいブログを書いていなかったのですが、何をしていたのかと言いますと、

山にこもって、滝に打たれ、熊と相撲を取って、鬼を退治しながら、文章の勉強をしていた

というわけではなくて、ただ単に試験があったんです。

 

さて、ここまで見て、気付いた人がいるかもしれませんが、今回は内容が無いんですよ。(今回は?)

内容が無いよう(え?今なんか言った?)

まあ、いつも500倍に希釈したカルピスくらい薄い内容なのですが、今日はそれ以上です。

試験終わりの緩んだ頭で書いている、と思って読んでいただければ幸いですし、「熱が41度あるから、お前には付き合ってらんないわ」と言う人はご自愛くださいませ。

 

今書いていて思ったんですけれど、「自愛」っていい言葉ですね。

普通に英語にすると、「ナルシズム」と言って、自己中心的な意味合いになってしまうわけですけれど、「自愛」という言葉には、相手に対する思いやりが先にありますね。(ん?なんか言った?)

 

さて、話が戻りますが、試験の話です。レポートを書いたり、テストを受けたりしたわけですが、一番勉強が大変だったのは、第二外国語です。

日本語すらまともに書けないくせに、英語をやっているというだけで、ちゃんちゃらおかしいと自分では思っているのですが、なんと第二外国語ですよ。

いやあ、なんだか夢を見ていますよね。日本の教育は。

 

まあ、そうはいってもね、誰かの夢を笑う権利なんて僕たちにはないわけです。BUMP OF CHICKENの歌の歌詞にもあった通りです。(『グングニル』で検索)

だから、僕もその夢に乗ってみようと思ったわけですよ。

「俺もさ、最初はバカみたいな話だと思ってたよ。

そんなこと叶いっこないってね。

けど、いつからかな?

お前の夢は、『俺たちの』夢になっちまってたんだ(キメ顔)」

という感じです(僕は何を言ってるんだろう?)

 

そして、彼は一体どうなったのか?

まあ、皆さんもご想像の通り、夢は夢のままでしたねえ。全くついていけなかったですわあ。まともな日本語は無理かもしれないけれど、第二外国語でなら輝けるかもしれない、と思っていたあの頃の夢を僕は今笑っています。

 

さて、このだらだら話が何と、次の記事に続きます。それではまた。(1019文字)