まともな文章が書きたい!

まともな文章が書けるようになるまで続ける。

第二外国語とポケモン

みなさん、こんにちは。お疲れ様です。

 

(前回のあらすじ)

簡単な第二外国語を求める綿密なリサーチ(笑)の結果、僕はスペイン語を選択した。のだが

 

 

 

始まって2回目の講義で判明したのですが、第二外国語の学習で、大変なのは、発音ではなくて、動詞の活用を覚えることなんですね。

英語の活用は、現在形の活用は三人称の「s」だけですが、他のヨーロッパ系語族だと語尾の種類がもっと多くなります。

たとえば、「乗る」という単語が「ニョロ」だとしますね。この語尾が、主語が一人称、二人称、三人称、単数か複数かによって、

 

私は、自転車にニョロモ

あなたは、自転車にニョロゾ

彼(女)は、自転車にニョロボン

私たちは、自転車にニョロトノ

あなたたちは、自転車にニョロイス。

彼(女)たちは、自転車にニョロン。

 

というふうに変わるのです。(変化の仕方はこの通りではない。)

こんな風に、ポケモンの種類が足りなくなるくらいに、変化してしまうんですよ。イーブイだって、僕が現役でやっていた頃には、5種類しか進化しなかったのに、スペイン語は、デフォルトで6種類に変化します。

これだけでも、僕なんかはついていけないというくらい根性ないのですが、教科書のページをぱらぱらとめくってみると、現在形だけでなく、過去形(2種類)、未来形でもご丁寧に、6種類ずつ活用するのです。単純計算して、6×4で、24種類も変化があるわけです。もうポケモンの性格なんて気にしないという僕にはついていけない世界で、

めのまえがまっくらになっちゃいましたよ。

まあ、結局泣きながら試験前に一夜漬けでしのいだのですが(本当にしのげたのかなあ)

これから外国語を選ぶ人は、気を付けてくださいね。(おわり)

 

 

 

しかし、よくもまあ、ニョロモの進化形を覚えているものですね。

ここから言えることは、異言語習得って、ハードルの高いことだと、捉えがちですが、ゲームや漫画に触れる時は、その世界の単語やらルールを自然と理解していますね。たとえば、キズぐすりで体力が回復するのって、現実だったらおかしいですが、やってるときはそんなこと考えません。いつの間にか、異世界のルールに対応しているというわけです。

本当に、キャラの名前が外国語の動詞の活用の仕方と、対応してたらもっと楽に外国語とかに入っていけるかもしれないですね。ゲームやら漫画で、名前を考えている方、いかがでしょう?

 

さて、次回から、まじめに文章の練習をしていきます。それではまた。(1014文字)

第二外国語について

こんにちは。お疲れ様です。

前回の第二外国語の話の続きです。

みなさんは身につけたい言語ってありますか?

僕はC言語を身につけたいと思っているのですが、うちの学校の第二外国語の選択肢の中にはなかったです。(冗談)

けど、真面目な話、小学校でもプログラミングが必修になるそうですから、高等教育でも少しは教えてもらいたいですね。(高等という言葉からは、程遠い内容を書いていますが。)

 

それはさておき、仕方なく別の言語を探すことにしました。一般的に言語を学習する上で、大事なことはモチベーションだと言われます。そこで、僕も自分のレベルを考えながら、勉強しに意欲がわくように、次の3つの条件で言語を探しました。

1.習得を挫折した人が少ない

2.日常生活で役に立つ

3.なじみやすい

これらに合致する言語を、入念なリサーチの末、ついに発見したのです。その名も…

 

 

 

 

日本語!!!(上段回し蹴りをくらっておいたので、許してください。)

 

冗談はさておき、第二外国語で上の条件をすべて満たす言語は見つかりませんでした。しかし、駄々をこねても仕方がないので、条件を譲って、なじみやすさに絞って、また探すことにしました。

「全くどれだけ妥協させるつもりだ?僕がトランプさんだったら一体どうしたんだ?」とか、全然思わなかったのですが、また探して、ついに見つけました。

それがスペイン語でした。知らない方もいると思いますので、スペイン語の情報を圧倒的な信憑性の低さを誇る「僕ペディア」から参照しておきます。

 

スペイン語

通称、神と話す言語。

ローマ字で読めば大体あっているという日本人に優しい言語。アクセントのルールも少なく、ルールから外れる場合は、単語の上に記号で示しておいてくれるという親切設計。

 

発音とか何よりも、神と話す言語というのがグッときました。なじみやすい(笑)。そして、しゃべりたい!

そんなわけでスペイン語を勉強することにしました。最初は発音練習から入りますので、上記の通り、素直にローマ字読みしていたら、読めているという具合です。

いける。これならいける。もしかしたら、僕の前世はスペインの貴族の奴隷だったのではないか?とは思ったり、思わなかったりしたのですが、とりあえずスペイン語の習得に希望を抱きました。

動詞の単元に入るまでは・・・(まだつづくの?)

 

ブログタイトル無視の文章を書いてすいません。次回でようやく脱線も終わります。

それではまた。(1002文字)

試験終わりの緩んだ頭で

こんにちは、こんばんは。おはようございます。

寒い日が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?

まあ、こんなブログを見ているくらいだからある程度元気ですよね。ははは。いや、元気で何よりです。

続きを読む

友人との会話、あるいは「今週」のお題

 

みなさん、お疲れ様です。

予告していた「今週のお題」の話は置いといて、まず、偶然出会った友人との会話からお聞きください。

続きを読む

『文章力向上本』第2回 『バカだと思われないための文章術』(2/2)

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

今回は、予告した通り、ラリー遠田さんの『バカだと思われないための文章術』で、僕が一番勉強になったところの話ですね。

 

さて、突然ですが、ここで質問です。

Q.プロのライターさんが書いている文章と、僕みたいな素人が書いている文章との大きな違いはなんでしょうか? ※文章力は、なしです。

続きを読む

『文章力向上本』第1回 『バカだと思われないための文章術』(1/2)

 さて、ようやく『文章力向上本』を使っていきます。

記念すべき一冊目は、ラリー遠田さんの

『バカだと思われないための文章術』

です。よろしくお願いします。(本に頭を下げる)

続きを読む

トイレのフタ考、あるいは2017年1月27日における自分の文章 

まずは現状の確認ですね。

真面目に文章を書くと、どんな具合になるのかということを、確認しておきます。当たり障りのないテーマを選びましょう。好き嫌いがわかれるテーマはやめておいたほうがよさそうだから、、、、

 

そうだな。洋式トイレのフタについて書いてみましょうか。

では、はじまりはじまり 。

続きを読む